« M4A1[76mm] 2011/01/18 | トップページ | 今週のお買い物 2011/01/20 »

2011年1月20日 (木)

雪 2011/01/19

模型絡みで・・・

Dumbo_20090510_26

 ホンとに?

  

  

  

  

  

  

374

Tank_in_the_town_of_schopen_belgium

アルデンヌ等の雪のシーンに使うスノーパウダーですが、何か違うような?

Yuki_20110111_08

Yuki_20110111_09

雪に埋もれた車を出した跡!

Yuki_20110111_14

雪のアップ!

Yuki_20110111_19

Yuki_20110111_25

雪が吹き付けた木!

6595f2025b30e68f_large

当時の写真!

Yuki_0001

Yuki_0002

スノーパウダーの粉雪

粉雪と言うより、気温が高い時(プラス気温)の「ザラメ雪」ですね。

Yuki_0003

Yuki_0004

スノーパウダーの粉雪 細目(ミニスケール用)

こちらの方が気温が低い時(マイナス気温)の粉雪ですね。

最高気温がマイナス5度とかの時に、手袋を履いて雪を握っても「雪団子」には成らず、ボロボロと砕けます。

雪の中を歩いても、「キュッキュッ」と音がして粉の中を歩いている感じですね。

ただ、温度が上がってプラス気温に成ると感じが変わりますね。

この時のイメージが有るのでしょうか?

極寒のロシヤや真冬のアルデンヌ、情景にするのは難しいですね。

|

« M4A1[76mm] 2011/01/18 | トップページ | 今週のお買い物 2011/01/20 »

コメント

雪の表現は、難しいですねぇ。ふわったとした状態やら、風に揺れるさらさらした雪とか、吹き溜まりの表面を風に飛ばされる、あおられる雪風が表現できれば究極の表現だとおもいます。色も難しいです。重曹だと黄色くなるし、日に当たる青白い色も難しいですねぇ。
ロシア戦線では、ふわっとした雪より、風にさらされてガリガリした雪が多いのでしょうか?

投稿: Oota | 2011年1月20日 (木) 21時27分

Oota さん、こんばんわ~

雪の表現は難しいですね。
近くで見ていれば、なおさら難しく成ります。
 
ロシア戦線の雪は、気温によって変わると思いますよ。
日中もマイナス気温だと、日光に当たった雪の表面は硬く成りますが、中は固まっていませんね。
3月位から日中がプラス気温に成ると、雪が氷の粒状になり、ガリガリした状態に成ると思います。
 
また遊びに来て下さい。

投稿: Beagle | 2011年1月21日 (金) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M4A1[76mm] 2011/01/18 | トップページ | 今週のお買い物 2011/01/20 »